一輪のシアワセ

naminoma.exblog.jp ブログトップ

静岡県生まれの

HUG(避難所運営ゲーム)です。
a0125343_0282145.jpg

*避難所HUGは、平成19年に静岡県が開発した防災ゲームで、
授産所製品として、製造、販売されています。(カード4箱が1セットでマニュアル付)
プレイヤーは、このゲームを通して災害時要援護者への配慮をしながら部屋割りを考えたり
視察や取材対応といった出来事に対して、思いのままに意見を出しあったり、話し合ったりしながら
避難所の運営を学ぶことができるもので、全国で、また中学校、高校でも活用されています。

 
こちらでわかりやすく紹介されています。
       

先週の土曜日の防災講座 (講演会とHUG体験)
「みんなで守る命とくらし~男女が共に考える防災・減災害・復興~」
a0125343_0283799.jpg


講演会には130名以上、そのうちの約90名がHUGに参加し、14班に分かれて模擬体験しました。
カードは、口早に読み上げることになっていて
ぞくぞくと大勢の、さまざまな人がやってくる避難者を受け入れなくてはなりません。

避難者の中には看護師さんや保健師さんもおられます。
どのグループも早速、高齢者やご病人のケアにはりつけられたようです。
ですが、その方たちに「お任せ」が集中しては大変です。

自助・共助・・・困難な時にも、少しでも誰かの、何かのお役にたてる自分でありたい
HUG模擬体験で強く思ったことでした。


昨夜、新潟県沖で発生した地震で、故郷、輪島は震度4でした。
「ドーンと突き上げて、6秒ほど揺れた。」と電話に出た父。
2007年3月25日、最大で震度6強を記録した能登半島地震からもうすぐ5年です。

地震列島、原発列島に住むわたしたち
防災・減災は、他人事ではなく、誰もの課題ではないでしょうか。




      

     ***************************************************

こちらも・・静岡県生まれ

ブログのご縁で、静岡県にお住まいのYさんがたわわに実った八朔を送ってくださいました。
a0125343_0274267.jpg

ひとつひとつ丁寧に新聞紙でくるまれ・・30個以上もぎっしり、ずっしり。
あら~~ネーブルや文旦(でしょうか?)まで入っているではありませんか。

皮がベトベトして香りが出ると食べごろとのこと。
2週間くらいが目安のようです。待ち遠しいなぁ。
柑橘類が大好物とはいえ・・こんなにたくさん!ですもの
焚き火小屋、そして出雲でノブヒェンを召し上がってくださっている方にお裾分けします。

収穫しながら、そして新聞紙にくるみながら、優しい思いを寄せてくださったこと
ほんとうに嬉しく、ありがたいことです。

感謝していただきます。ありがとうございます!!
[PR]
by nonisaku-hana | 2012-02-09 23:26 | 出会い
line

花鳥風月を友とし、ささやかな幸せを喜び感謝するわたしの大切な日々。


by nonisaku-hana
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite