一輪のシアワセ

naminoma.exblog.jp ブログトップ

SP(模擬患者)デビュー

*この窓辺のベッドの方が・・リラックスできたかな~?
a0125343_21231147.jpg

今日の「インタビュー演習」は学生さんがセッションごとにローテーションしてベッドを移動し、違うSPを経験する授業だった。

a0125343_1482676.jpg内容は下記のとおり。

1セッション(17分)
・インタビュー:5分
・振り返り:12分
  1.感じたことをメモする:2分
  2.インタビュアー(学生)の振り返り:2分
  3.観察者(学生)の感想:4分(3~4人)
  4.SPの感想:2分
  5.教員の感想:2分


SPは6人・・「岡山SP研究会」からのゲスト4人と
養成講座修了のHさん(男性)とわたし。全員が6チームのインタビューを受けたのだった。




授業のオリエンテーションが終了し、いよいよセッションの始まり。

SPが一番気をつけなくてはならないことは、相手の尋ね方に応じて答えること。
シナリオを忘れないうちに・・と話し過ぎる、「親切な患者」になってはいけないのだ。
岡玲子さんの体調や心境・家庭の事情などを、いかに引き出すかがインタビューの目的なのだから。
学生同士のロールプレイでは馴れ合いになりがちという点でも、外部のSPが有効という。


セッションの詳細はとても綴れない。。。
感じたこと、学んだことがあまりに多すぎて。

結局、男子4人と女子2人のインタビューを受けた。
誰もが皆、「真剣勝負」の5分間だった。

6人6様のインタビューに、当然、わたし岡玲子は違う答え方をした。
心の中で、焦らないで・・大丈夫よ・・声援を送りながら。。

初心者マークのSPがいきなり6回のセッション、とてもハードだった。
けれど、わたしにはとても素晴しい経験になった。
それは6人のSP全員を巡った学生さんたちにも言えるのではないだろうか。

最後に90人余の学生さんと対面した。
緊張が解けて、心地よい疲労感、充実感を漂わせた若者たちが、とても輝いて見えた。

わたしは清々しい感動を覚え、最高にシアワセだった。

こんな報告しかできなくて・・ごめんなさい。
[PR]
by nonisaku-hana | 2009-11-17 21:25 | challenge
line

花鳥風月を友とし、ささやかな幸せを喜び感謝するわたしの大切な日々。


by nonisaku-hana
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite