一輪のシアワセ

naminoma.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:my favorite things( 13 )

お白湯

a0125343_0504857.jpg

ストーブの上で薬缶がシュンシュン・・。

ふ~っ・ふ~~っと湯気を吹きふき

ゆっくりと・・お白湯をのむ。

胸元がふわ~ん・・じんわり・・あたたかくなる。
[PR]
by nonisaku-hana | 2010-02-18 23:57 | my favorite things

煌めき

ふたご座流星群、2日目。

夜空は初日より厚い雲に覆われていたが、
こんな時だけ・・諦めないわたし。
好きなことは厭わない。

1時間で13個の流れ星と出会えた。(雲に完封されて)

そのうちの3個は、すっかり雲が開けて
すーっときれいな長い尾を引いた。
そして・・
最後の一瞬の煌めき!までを見届けることができた。

『冬の星座』

木枯らしとだえて さゆる空より
地上に降りしく 奇しき光よ
ものみないこえる しじまの中に
煌めき揺れつつ 星座はめぐる

ほのぼの明かりて 流るる銀河
オリオン舞い立ち スバルはさざめく
無窮を指差す 北斗の針と 
煌めき揺れつつ 星座はめぐる



わたしの大好きな歌のとおり・・星が煌めく素敵な季節になった。
さて、今夜も・・。

[PR]
by nonisaku-hana | 2009-12-15 23:57 | my favorite things

流れ星・・ふたたび

「オリオン座流星群」を観たのは10月23日だった。

a0125343_18493168.gif今度は・・「ふたご座流星群」。
昨夜日付が変わった深夜、身支度をした。耳を覆うようにスカーフを被り、更に帽子も・・。
な~に、真夜中だもん。完全防備といこう。
そうだ!湯たんぽ・・上着に挟むようにして抱え込んだ。

a0125343_20392140.gifよ~し!意気揚々と外に出たが、思いのほか雲が多い・・。だが、引き返したりはしない。

最初は雲のない真上、首がどうにかなりそうなほど仰いだ。10月の空より、星が大きくて近く感じる。夜のしじまに波の音が響く。

だんだんと雲間からオリオンが現れて、その左に右に・・広範囲に星が流れる。
前回より短い間隔でたくさん流れて消える。
10個までは数えたが、二つ・・三つ・・と、面白いほど続くから、もう数えることを止めた。

途中から車に背をあずけて眺め続けた。湯たんぽがジンワリ暖かい。

もう少し、もう少し・・と眺めて1時間以上が過ぎていた。その間、海鳴りが止むことはなかった。多分30以上の流れ星を観ることができたはずだ。

オリオンが何処まで移動したかな・・もう一度見てみよう。
だが・・雨の音がしだした。


今夜も、雲がかかっている。
昨夜より風が冷たい。

でも・・観よっ!
[PR]
by nonisaku-hana | 2009-12-14 22:49 | my favorite things

娘に送ろう

*愛用の湯たんぽ(赤いカバーはフリース、珍しいゴム製で・・柔らかくて具合がいい)
そのうち出番がやってくる・・ベッドに入るのが楽しみになる温もり。
a0125343_14473275.jpg

*フリースの手袋(指先がカットされた紺色のミトン)
a0125343_32221.jpg

冷え込む夜にパソコンに向かうとき、重宝な小物。一度使うと手放せなくなる。
去年のクリスマスに姉妹にお揃いで色違いのものをプレゼントしたのだが、先日見つけたこれは、ふわふわでなめらかな感触がとても気持ちよい。

こうしてキーボードに置いてみると・・
素早く動く娘の爪細の白い指先が浮かんでくる。

娘に送る湯たんぽとミトン・・冬の必需品。
「Aちゃ~ん、明日お父さんが送ってくれるって♪」
[PR]
by nonisaku-hana | 2009-11-23 22:22 | my favorite things

流れ星

オリオン座流星群を観よう・・

午前0時過ぎ、上着を着込んで勝手口を出たら・・銀木犀がほのかに香った。

a0125343_1581410.jpg最初に流れたのは・・夜間飛行の点滅を追っていた時。

2つ、3っつと長い尾を引いて流れ・・ストールを真知子巻きに。

全てが放射点からではなかったが、6つまで数えたら、7つまで・・と。家に帰ろうとした時、8つ目が・・時間にして45分余り。


とても素敵な夜になった。
[PR]
by nonisaku-hana | 2009-10-23 01:23 | my favorite things

28.5㎝×48.5㎝×4.0㎝

「28.5㎝×48.5㎝×4.0㎝」って何のこと?

実は・・我が家のまな板のサイズである。夫の手によるもので、まな板としては大きくて重たいが、作業しやすくてとても重宝している。別に小さなカッティングボードも併用し、ごく少量の食材や油物などには、これもまた使い勝手がよくて気に入っている。

*今日のランチ お野菜たっぷり焼きそば
まな板の上で全ての材料(2人前)を次々に刻んでも、まだスペースに余裕がある。今日はキャベツがなくて、小松菜で代用。今日は午後から出勤だったので、少し早めのお昼にした。
a0125343_2148643.jpg


お盆明けに、ある調理師さんと来年開催の講座の打ち合わせをさせていただき、御自身が講師をされている高校の調理科のテキスト(基礎編)を頂戴した。

先生自作のテキストであるその中に「まな板の使い方」の項があり、まな板の天板の5箇所(だったと・・)に名称と、その役割があることを初めて知った。

目先の仕事に追われ・・折角の貴重なテキストも、まだパラパラとしか目を通していないが、なかなか新鮮で興味深い。


明日から9月、忙しい秋になりそうだ。今日も広場は涼しい風が吹き渡って、素晴しい職場環境を満喫。なんてシアワセなんでしょ!
[PR]
by nonisaku-hana | 2009-08-31 23:32 | my favorite things

憧れの眼鏡

*眼鏡の使い分け 上:読書専用 中:職場へ携帯 下:自宅パソコン用
4年ほど前から文庫本が読みづらくなって、眼鏡を使えるようになった。

a0125343_233731.jpg

使える・・・
そう、ようやく憧れの眼鏡に到達。
シニアグラスでも嬉しい!

*アフリカ浜木綿 その後 あっ 咲きそう!  (撮影7/21)
a0125343_21305492.jpg

と喜んだのも束の間、昨日からだんだん元気がなくなってしまった。。。
ごめんね
[PR]
by nonisaku-hana | 2009-07-23 23:43 | my favorite things

思い込み

ある日、トイレにネズミの親子が登場。
何の前触れもなく、新しい仲間が増えていることがあるので、ダーリンに「ありがとう、面白いもの見つけたね」で、終わっていました。
ネズミは創作折り紙のように、一枚の皮で作られていて、フランスパンに齧りついています。
a0125343_16474392.jpg

わたしは、ずーーっと、そう思っていたのでした。
ところがブログを始めた矢先、丁度そら豆の季節がきて・・・
あれって、ソラ豆のさや? えーっ!

なんで、気づかなかったの?そもそも大きさのバランスがオカシイ!でしょ。(元)フランスパンを初めて振ってみたら、かすかだけど確かに中でコロッとした感触。質感は、硬いスウェード皮みたいなんだけど。

思い込みとは、おそろしいもの。
一旦気づいてしまうと、もうフランスパンに見えることはありません。
そして、徐々に「さや」の色が濃くなってきたことに、改めて気づかされます。

あれから、「そら豆のさやだったんだね~」とは言っていないけど、
どんな反応が返ってくるんだろうか。。。今更、言えませんよ。
[PR]
by nonisaku-hana | 2009-07-22 20:26 | my favorite things

家がイチバン!

極力、出掛けたくないわたしにとって、我が家が一番居心地のいいところ。
自分の時間、それがたとえ無為な一日でも・・・大事に楽しむ空間です。

◆ミニミニギャラリー

左:廊下のピカソとモジリアニ 窓を挟んだ壁面にも水彩画などが3点。
右:自室の赤い手提げに年賀状 差出人は「詩画作家・はらだとしこ」さん
7月12日の山陰中央新報日曜版「リビエール」でご覧になられたかも・・・
クリップで筆まめな彼女からの便りを、いろいろ差し替えています。
a0125343_1925915.jpg

トイレ:わたしの遊びの空間
窓辺とサニタリーケースの上は、花や小物たちのステージ、役者がいろいろ登場します。
瑠璃小アザミの茎が先にダメになり、麦藁菊とドライで復活。
半分に仕切られたガラス器、ジャムとマーマレードを入れたら綺麗でしょうね。普段はアクセサリーを飾っているものです。
a0125343_20485775.jpg

◆今日のブランチ お蕎麦は娘と一緒の二人前、念のため・・・
お蕎麦は乾麺、とろろ、残り物のハスの天婦羅、刻み海苔。実際には、とろろなどを混ぜ易いサラダ用のガラス鉢にツユをはり、ワサビで頂きます。
a0125343_1684554.jpg


今日はゆっくりできて、よかった。。。やっぱり家が、イチバン!
[PR]
by nonisaku-hana | 2009-07-20 23:57 | my favorite things

金繕い

我が家のメインの陶磁器やガラス食器の殆どがダーリン購入のもの。
割れたら、いいえ勝手には割れませんね、割ってしまったら・・・
彼が漆を使って「金継ぎ」を施し使い続けています。
金継ぎは金繕いともいい、わたしは「繕い」の表現の方が好き。

*飛び鉋の九寸皿 出西窯と同じ民芸の窯元、大分の小鹿田焼き
a0125343_21472060.jpg

現地の窯で求めたうちの一点、使ううちに色合いが変化するのが特徴。
出番の多いお皿ですが、まー随分派手にやっちゃいましたね。

*こんなお皿と片口も 上の3点が出西窯
a0125343_2247573.jpg

継いであるのは、実はこれだけではありません。どんだけ壊してるの?
彼曰く「焼きがあまいものは、壊れやすい」

ダーリンは、陶工さんにとって
ありがた~い使い手であり、全!然!ありがたくな~いお客かも・・・。


【小鹿田(おんた)焼き】 出西よりずっとお手頃価格でビックリです。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/soup-suppe/brand/onta.html
【金継ぎ】 
http://butuzou.net/kintugi/kintugi.html
http://www.cc.rim.or.jp/~wisteria/kintsugi.html
[PR]
by nonisaku-hana | 2009-07-19 23:56 | my favorite things
line

花鳥風月を友とし、ささやかな幸せを喜び感謝するわたしの大切な日々。


by nonisaku-hana
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite