一輪のシアワセ

naminoma.exblog.jp ブログトップ

静岡県生まれの

HUG(避難所運営ゲーム)です。
a0125343_0282145.jpg

*避難所HUGは、平成19年に静岡県が開発した防災ゲームで、
授産所製品として、製造、販売されています。(カード4箱が1セットでマニュアル付)
プレイヤーは、このゲームを通して災害時要援護者への配慮をしながら部屋割りを考えたり
視察や取材対応といった出来事に対して、思いのままに意見を出しあったり、話し合ったりしながら
避難所の運営を学ぶことができるもので、全国で、また中学校、高校でも活用されています。

 
こちらでわかりやすく紹介されています。
       

先週の土曜日の防災講座 (講演会とHUG体験)
「みんなで守る命とくらし~男女が共に考える防災・減災害・復興~」
a0125343_0283799.jpg


講演会には130名以上、そのうちの約90名がHUGに参加し、14班に分かれて模擬体験しました。
カードは、口早に読み上げることになっていて
ぞくぞくと大勢の、さまざまな人がやってくる避難者を受け入れなくてはなりません。

避難者の中には看護師さんや保健師さんもおられます。
どのグループも早速、高齢者やご病人のケアにはりつけられたようです。
ですが、その方たちに「お任せ」が集中しては大変です。

自助・共助・・・困難な時にも、少しでも誰かの、何かのお役にたてる自分でありたい
HUG模擬体験で強く思ったことでした。


昨夜、新潟県沖で発生した地震で、故郷、輪島は震度4でした。
「ドーンと突き上げて、6秒ほど揺れた。」と電話に出た父。
2007年3月25日、最大で震度6強を記録した能登半島地震からもうすぐ5年です。

地震列島、原発列島に住むわたしたち
防災・減災は、他人事ではなく、誰もの課題ではないでしょうか。

More: もうひとつの・・静岡県生まれ
[PR]
# by nonisaku-hana | 2012-02-09 23:26 | 出会い

ご馳走さまでした!

今日は、“料理やろう会”さんに招かれて、早めの晩御飯をご馳走になりました。
「5時に来てください。」・・仕事を30分早退し、ウキウキと馳せ参じました。

「おっ、また出来た頃に登場だな。」
「今日は特別メニューだけんね。」
「やあ、元気だったかね?」
皆さん、いろいろ声をかけてくださいます。

“料理やろう会”とは・・「料理をやろう」と「野郎(男性)」をかけたネーミング
二ヶ月に一度、料理教室を自主運営しているグループで、現在、会員数は29名。
わたしは、この会の発足に少しばかり関わったことから、
時々お誘いをいただき有り難く参加させていただいているのです。

近年の指南役は古代食の再現でも知られる安田政男先生
温かいお人柄に加え、家庭でも作りやすいよう工夫されたレシピが大好評!
先生ご自身も、とてもこの会でのご指導を楽しんでおられ、
「やろう会」さんが参加するイベントにも必ずおみえになります。


お料理もチームワークも抜群の「料理やろう会」さん、安田先生、ご馳走さまでした。
またお邪魔させてくださいね。


追記 

*お献立*
 牡蠣の茶碗蒸し
 からし蓮根
 鶏南蛮焼き
 ナマコ酢の物
 ご飯
[PR]
# by nonisaku-hana | 2012-01-20 23:56 | 出会い

水平線を

・・心静かに眺める。
a0125343_23445355.jpg
a0125343_23451542.jpg
a0125343_2345509.jpg

とは言え、心穏やかではいられない海でもある。

More:今日の焚き火小屋
[PR]
# by nonisaku-hana | 2012-01-18 23:57 | happy little things

歌は 永遠のともだち-2

一日一度は必ず弾くと誓った 形見のギター
短時間でも、弾き続けて・・一年が過ぎた。

暗譜できているレパートリーはそう多くはないが、今はネットが先生。
歌詞、コード進行、ダイアグラム、弾きかた、動画でもいろいろ教わることができる。

ブログのご縁から、素敵な曲 『糸』 中島みゆき に出逢うことができたので練習を始めた。
a0125343_23225216.jpg

音叉でチューニングをし、必要ならカポタストでキーをあわせれば・・夢の共演!?も可能なのです。
ちなみに『糸』は3フレットにカポタストを装着。
a0125343_23242183.jpg


ともだちが一曲、増えました。
やった!うれしい~ 060.gif

*楽・遊・学・ビバ人生!!:ゆすらうめ*さま、ありがとうございます。
[PR]
# by nonisaku-hana | 2012-01-15 23:25 | friends

リフォームは続く

一昨年の初夏、バスルームの改造から始まった我が家のリフォーム。
室内だけでなく外壁も張替え・・全て夫ひとりの作業である。
「一体いつまでかかるの?」と尋ねたら
「5年計画」という答えが返ってきたのは昨年の夏。
ネットで取り寄せて山積みだった資材も少しずつ減ってきた。

リフォームの強みとなっているのは、夫が電気工事士であったこと。
先日は玄関の天井を剥いだ。(配線工事をするために補強の支柱を立ててある。)

a0125343_23244489.jpg

この電気工事が終わり玄関を整えたら、リビングとキッチンをぶち抜くことになるそうな。

「ねぇ、あなた図面はひかないの?」
「図面は頭のなかにあるさ。」

多分あと3年半では済まないだろう。
どうぞお好きなだけ、存分に!・・これがわたしのスタンス。

楽しんで作業している夫の傍で、
わたしは、ただただ見守り、驚き、手をたたき、労い、ニコニコしているだけである。

More:今日の焚き火小屋
[PR]
# by nonisaku-hana | 2012-01-12 23:43 | 感謝
line

花鳥風月を友とし、ささやかな幸せを喜び感謝するわたしの大切な日々。


by nonisaku-hana
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite