一輪のシアワセ

naminoma.exblog.jp ブログトップ

タグ:家族 ( 30 ) タグの人気記事

思い出の一曲  22才の別れ

初めて一緒に祝った、夫の22歳の誕生日。
用意した小さなバースデイケーキに
「こんなふうに祝ってもらうのは初めて。」と感激してくれた。

あの頃よく歌った 「22才の別れ」

        

今日はダーリンのお誕生日。
買い物には行ったものの
プレゼントは・・変わり映えのしない・・ヱビスの黒ビール。

「あなたの欲しいものは、多分お店には売れていないものね。」
「そうだね・・僕は満ち足りている。ありがとう。」


ダーリン、お誕生日おめでとう! 053.gif

More:今日の広場
[PR]
by nonisaku-hana | 2012-02-20 23:56 | 思い出

ダーリンの遊び心

洗面所のミニ額  娘のイラストと夫のペーパークラフトのコラボ
a0125343_22473041.jpg


ステンドグラスで照明  センサーで点る廊下の明かり
a0125343_22465941.jpg


どちらもダーリンの手作り。
随所にオリジナルの遊びがあって、楽しませてもらっています。

これまで8枚の扉を作ってくれましたが、
どれもステンづグラス(何枚かはアンティークのもの)がはめ込んであります。
わたしのお部屋にも廊下にも。
a0125343_18381729.jpg


ほんとうに好きなんだなぁ~と、つくづくありがたく思っています。
[PR]
by nonisaku-hana | 2012-02-11 23:00 | happy little things

ふたりの食卓

久し振りの晴天
a0125343_046662.jpg


今日、午後の便で娘たちが帰っていった。

久し振りにふたり、差し向かいで晩ごはん。
「今頃、ほっこりしてるんじゃないかな。自分たちのウチに帰ったんだから。」と夫。
「そうだね。」
急に広くなった食卓。

夕方からの雨が、あられの音に変わった。
[PR]
by nonisaku-hana | 2012-01-06 23:30 | 広場から

最新作

今夜の夫からのサプライズ
a0125343_0473430.jpg

a0125343_0483327.jpg

a0125343_048138.jpg

長女のiPod ケースです。こげ茶にキャメルのコンビ。
これまでペンケース、PCケース、ポーチなど色々作ってくれています。

わたしの嫁入り道具のミシンは、すっかり夫のもの。
革も「巻き」で確保し、革専用の足踏みミシンも持っている夫。
そのうちバッグを作ろうと考えているのかも知れません。
来年には、アトリエが完成するでしょう。

いつも傍にあり、手に馴染んでくる革の小物たち、大切な宝物です。

+追記+ こちらも大事にしています。 革の魅力
[PR]
by nonisaku-hana | 2011-12-29 00:30 | happy little things

待ってたよ!

「今日は娘たちが帰っているので、早々に失礼します。」
それなら・・と管理人さんがノブヒェンをくださいました。
「あ、これも。焼きあがるまで少し待てる?」
「ハイッ!」と、熱々のスペシャルも追加でいただきました。
ありがとうございます!
a0125343_1165439.jpg


家路を急ぎ・・我が家の2階の窓の灯りに、ほっと安堵した。
「お帰りなさい!」と言い交わし、長女をハグしたらお風呂上りのいい香り。
「待ってたよ!」と次女をハグしたら、
「待ってたのは、私じゃないでしょー?」と笑った。

そのわけはこれ・・
a0125343_1541095.jpg


More  中身は?
[PR]
by nonisaku-hana | 2011-12-28 06:30 | happy little things

ふたりのクリスマス

「あの子たち、ケーキは食べたのかしら。」
そんなことを話しながら夫と二人のクリスマス。
誘われていたクリスマスパーティーが中止になり、静かな夜になった。
メインディッシュはスペアリブのトマトソース煮込み、
それ以外はいつもと変わらない食卓。

雪の舞う庭の山茶花をキッチンに
a0125343_0501979.jpg


このところ、しきりと天気予報をチェックする夫。
娘たちの帰りを待ちわびているのだ。
どうぞこれ以上雪が降りませんように・・。
[PR]
by nonisaku-hana | 2011-12-25 22:17 | happy little things

ダーリン、毎年ありがとう!

楽しみであり、遠くてちょっぴり・・しんどいなーと思う・・年に一度の帰省、
我が家の一大イベントが終わりました。

長旅の始まりはいつもこんな風です。
「じゃ、行こうか。」
「はい、お願いします。」
ほぼ決まったサービスエリアで休憩し、また同じ会話で発車。

長距離を厭わず一人で運転してくれる夫には、ただただ感謝!
そして実家でも、老夫婦の暮らしの不自由を解消するために率先して働いてくれます。
今年は建具類の修理に汗を流してくれ、母は大喜びでした。
こんな有り難い伴侶を得たわたしは、親孝行な娘かも知れません。

実家で過ごす時間は、いつまでも娘である自分を感じると同時に
緩やかではあっても両親の老いを感じる切ない時間でもあります。
それでも一緒に過ごせることは、何にも変えがたいシアワセと感謝。

「たまには違う季節に来たいね。」と言ってくれる夫に頷きながら
これからは、せめて声だけでも頻繁に聞かせてあげなくては・・と思ったことでした。


2年連続で盆踊りが始まる前にお別れ・・残念! こちらが一昨年の風景です。
a0125343_11159.jpg

高速に入る前に金沢で給油  美しいピンクの夕焼けなんだけどなぁ・・
a0125343_112015.jpg

ダーリン一番のお楽しみ! 往きも帰りも必ず2個組を購入、ます寿司三昧 068.gif
a0125343_114180.jpg


書きかけのまま放置したまま、あれよあれよと・・もう一週間以上経ってしまいました。
焚き火小屋付近の稲穂も色づきました。
a0125343_23322683.jpg


今日娘たちが帰っていきました。
我が家の「夏」が、終わりました。
やれやれ。
またダーリンとふたりっきりだわ! 037.gif
[PR]
by nonisaku-hana | 2011-08-25 23:51 | 故郷

閂と取っ手

休日ごとに少しずつのリフォーム。
先週の土曜日、仕事から帰ったら、押入れに両開きのドアがついていた。

a0125343_2434369.jpg

             *実物は、写真より華奢な感じです。

「わ~~、どうしたの!?これ。 ネットで買ったの? 鉄?」
「鉄の鋳物。イギリスで買ったの、やっと使えた。」
なんとなく夫は嬉しそう。

「じゃあ、これも?」
「そうだよ。まだ仮止めだけど。」

a0125343_2441922.jpg


20年ほど前、友人たちがドイツやイギリスに遊学していた頃
格安で行けるからと誘われて、夫は3週間ほど滞在させてもらったことがある。
家具に使うつもりで金具類を買い求めていたらしい。

あの頃、上の娘はまだ幼稚園だった。
あぁ・・わたしたちも若かった・・。

長い間仕舞われていた
異国の 閂と取っ手
ようやく日の目を見ることができて・・よかったね。
[PR]
by nonisaku-hana | 2011-06-03 00:30 | happy little things

運命共同体

今日は結婚記念日。

大工仕事に余念のない夫。
彼の所作に惚れ惚れしながら見守るわたし。

夫によれば、
わたしたちは「運命共同体」なんだそうだ。

これからも一緒にいようね。

ツメクサ
a0125343_393411.jpg

[PR]
by nonisaku-hana | 2011-05-05 17:22 | 感謝

娘からの「桜」、母から娘への桜

a0125343_0391423.jpg


やりきれない想いでいた「今日」という日、またもや大きな余震。
どうかどうか、これ以上の悲劇が起こりませんようにと祈るばかりです。

奇しくも、ひと月前の朝。
娘から父宛てにメールが2通届いていました。

その時点でのやりとりは、彼女の将来について。
・・・・まだ、死を明確にイメージできるほどの人生経験はありません。
・・・・やはり若輩であろうがなかろうが、日々を積み重ねていくしかないと思います。

先を見据えるにはあまりにも難しい時世ですから、私ももう少し目の前の日々を見直します。
桜が咲いたら、お母さんに写真でも送ってあげようかと思います。


今日、娘たちのところは震度5弱。
姉の取り急ぎの無事の知らせを追うように、件の「桜」が届いたのでした。
メールでは、大学の様子、物流、放射線・・・近況が理路整然と列挙されていました。
娘たちを地震直後から支えてくださった方々への感謝は、言葉では尽くせません。

Azちゃん、「桜」のお便りありがとう!! 母からの桜です。

a0125343_1302360.jpg

[PR]
by nonisaku-hana | 2011-04-11 23:32
line

花鳥風月を友とし、ささやかな幸せを喜び感謝するわたしの大切な日々。


by nonisaku-hana
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite