一輪のシアワセ

naminoma.exblog.jp ブログトップ

タグ:感謝 ( 30 ) タグの人気記事

「ノブヒェン募金プロジェクト」 始動から二ヶ月

早いもので・・あれから一ヶ月が経ちました。
「ノブヒェン募金プロジェクト」に、たくさんのご支援をありがとうございます!

わたしたちが応援している
まごのて救援隊 さんは、「雄勝まごのて診療所」 を先月末に開設され、益々のご活躍です。

福島在住のheeさんの懸命の活動で、ついに! あるべき場所に、必要とする人に
ロケットストーブが届けられ・・

「キッチンロケットストーブ」。heeさんの被災地支援スペシャル に繋がり・・
heeさんと連動して現地にロケストを送ることになりました。
(こちらでも製作材料費・送料等の支援をチラシで呼びかけています。)

~あなたのお気持ちとともに 被災地へ~ 届けよう!ロケットストーブ
a0125343_0315077.jpg


ロケストもノブヒェン窯も、被災地を見据えてより気持ちよく、使い勝手よく・・と
ノブヒェンにも負けない進化をみせながら、焚き火小屋はフル回転しています。

多くの皆さまが、この活動に賛同してくださり、広めてくださって、
わたしたちの活動を支えてくださっていることに、深く感謝しています。

6月13日現在、出雲での「ノブヒェンお届け」等による募金は、9万円(現金扱いのみ)を越えました。
別途、「ノブヒェン宅配便」で全国各地へお届けした先様より
直接「まごのて救援隊」さんに送金された金額も、かなりの額になろうかと思います。
皆さま、ご賛同・ご支援を ありがとうございます!

被災地に 「確実に届く」 支援のために 「愛と信頼のノブヒェン」 をお届けします。
引き続き、ご支援・ご協働をよろしくお願いいたします。 


+追記+
「ノブヒェン募金プロジェクト」口座にも、早速ご送金いただき、ありがとうございます!
有効に活用させていただき、使途詳細は後日落ち着きましたらお知らせします。


一ヶ月前に記した
「ノブヒェン募金プロジェクト」、まだまだ、これから凄い展開が待っているような気がしてなりません。
この予感が現実になりました。

そしてまた、この先にも・・「凄い展開が待っているような」気がします。
人から人へ、手から手へ、まだまだ、できること、必要とされること、 たくさん・・ありそうです。

愛と信頼に支えられて、忙しくも楽しく充実した日々でした。
管理人さん、毎日毎日 お疲れさま! ありがとうございます!!
わたしにできることを 皆さまとともに ガンバロッ!と、気持ちを新たにしています。  

                                      感謝でいっぱい  hana 056.gif
[PR]
by nonisaku-hana | 2011-06-14 23:27 | 出会い

「責任」

小6の時の担任の先生の国語の授業は、とても緊張する時間だったものです。
長い黒髪をキリリとまとめあげた美しくも厳しい先生に教わった言葉、
それは「責任」。

長い年月が経ち、
その言葉をようやく自分の身に照らせたのは、わたしが40代になってからでした。

先生はこう仰ったのです。
「『責任』とは、その人のなすこと全てにある(生じる)。」と。
辞書の解釈を超えた言葉は、子ども心に疑問符とともに深く刻まれました。


今また改めて、わたしは先の恩師に深く頭を垂れるとともに、
その「行動」に敬意をもって、ここにご縁をいただいているブログをご紹介させてください。
そして、そちらに集う国内外のたくさんの方々の真摯な「言動」もまた。
「瓦のキッチンストーブ」の存在、その有用性、広めようとしておられる活動等々をご理解いただき、
皆さまの遠く、近くの周囲の、まだご存知ない方々にお知らせいただけたらと願うものです。

*「焚き火小屋の備忘録」 「瓦のキッチンストーブ」を体験してください。
*「山の子」 特別編 <被災地に届いて。瓦のキッチンストーブの作り方
*「田園に豊かに暮らす」 「瓦のキッチンストーブでピザ」を焼く

人それぞれ、出来ることは千差万別です。
わたしは、あの日の「責任」という言葉を肝に銘じ、わたしにも出来ることがある、と信じて、実行しよう。
そして何より、愛する人々との日常を、生涯大切にしていこう。

気負うことなく。

a0125343_1704221.jpg

後先になりましたが、
この度の大震災の犠牲となられた方々のご冥福を深くお祈り申し上げますとともに、
被災された皆さま、そのご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
そしてあらゆる場面で支援・復興にと身を削っておられる方々のご無事をお祈り申し上げます。
[PR]
by nonisaku-hana | 2011-04-06 22:54 | 出会い

母へ・・世界でたったひとつのお花

a0125343_3161070.jpg

お母さん お誕生日おめでとうございます。

心からの深い感謝を
あなたの大好きな・・紫のお花に託して捧げます。

美しい花びらのひとひらひとひら・・
爽やかな緑の一葉一葉も・・
わたしと共に お母さんを祝福してくれることでしょう。


a0125343_252169.jpg

今日は、母のお誕生日。
世界でたったひとつのお花・・
春満載の素敵なアレンジメントをプレゼントすることができた。

母のために・・発送日当日の市場から
選りすぐりのお花で見事なプレゼントをしつらえてくださったのは、
ブログでご縁をいただいた・・北海道札幌市のお花屋さんmeLL flowersさま
※焚き火小屋の管理人さん、ベロニカさんにも感謝!です。

昨年秋からこの日のために、楽しく迷いながらブログを拝見させていただいて、
直前にお花に添えるメッセージを託し・・
「全てSさまの、その時の『インスピレーション』に委ねます。
素敵なパープル系のお花が入荷しますように!」とお願いした。

遥か北海道から届けられた素敵な贈り物に
母は驚きと感激のあまり・・声を弾ませて
「北海道の『春』は早いのね!!家のレンギョウはまだ芽吹いてもいないのに。」

meLL flowersさま
お花と一緒に、丁寧にくるまれた・・温かいお心にも感謝しています。
確かに母の胸に届きましたよ。
素晴しい『春』のインスピレーション、ありがとうございました!!

お母さん、最高に喜んでもらえて、とても嬉しいです。
遠く離れているけど、あなたの娘はこんなに素敵なご縁にも恵まれて・・
シアワセに暮らしていますよ。
ほんとうにありがとう・・おめでとうございます!!
そして何より、御身大切に。。。

[PR]
by nonisaku-hana | 2010-02-03 20:02 | flowers

念願叶って・・

姿見の傍に蝋梅の花が芳しい香りを放つ・・「しまね自然の学校・倶楽部はうす」のカンファレンスルームで、今日、娘は初めての着物をtaeさんの真心でとても美しく着付けていただいた。。
a0125343_23474015.jpg

母はいつも・・この着物はみなMちゃんに・・と
自分の着物をひとり娘のわたしに譲ることを前提に考えていた。

時代は移り・・
茶道の嗜みももたないわたしは、晴れの日にしか和服を着る機会を無くしたが、
母がわたしに誂えてくれた着物は・・やはり娘たちに着せたかった。
母の見立てを、今日は改めてしみじみ・・嬉しく・・ありがたいと感謝した。

色鮮やかな琉球紅型の着物だから、スタンダードに装わせたい・・
taeさんが上品にアレンジしてくださった。髪は着物に負けないように華やぎをもたせて・・。
髪飾りは最終的に、着物と同じ縮緬のシンプルで愛らしい「花一輪」になった。
a0125343_054840.jpg

思い出多き着物が、娘時代のわたしより・・ずっと素敵に受け継がれた。
a0125343_21203865.jpg

a0125343_23551554.jpg


成長した娘の晴れ着姿を見てもらいたい・・「お父さん・お母さん」と呼ばせていただき、長年お世話になっているご夫妻(友人のご両親)を訪ねた。

「100歳になったおばあちゃんにも是非!」と久し振りに別宅にも伺った。2・3日前までピンシャン歩いていたのに、腰を痛めて・・と、臥せっておられた。

「今日がこんなに『良き日』になろうとは・・。」と
おばあさまは、涙しながら合掌された。

「今年の書初めの中から好きなのを選んで・・お持ちなさい。」
勧められるままに、娘はありがたく素敵な二点を頂戴した。

「Mちゃん、お幸せに!」娘の手をとり何度も何度も仰って、
お暇する際もベッドから拍手で送ってくださった。
娘は、ほんとうにシアワセ者!

念願が叶い、焚き火小屋をはじめ、縁の皆さまから娘にいただいたご厚情に・・感謝!!感激!!
このうえなくシアワセな母娘の一日だった。

お母さ~~ん、あなたの孫娘は、すごく綺麗だったよ~。
写真・・きっと・・泣くよ・・。
[PR]
by nonisaku-hana | 2010-01-27 21:21 | 思い出

機が熟して・・

娘の成人式には母が誂えてくれた晴れ着を着せたかった。
ありがたいことに・・母の見立ては、時を経ても褪せることのないものだった。
ところが、娘には裄が足りなくて・・直しが必要だった。
a0125343_226896.jpg

機を逃がし・・いつも心に忸怩たる思いがあったが、
母親からわたし、そして娘たちへ・・
大切な想いを託すことのできる・・訪問美容師・taeさんに巡りあえた。
和裁士Kさんにもお世話になることができて、事は一気に動き出した。

昨日、taeさんと髪型の打ち合わせ。
娘の髪質を確認しながら、さっくりと髪を纏め上げ
「こんなイメージですよ・・。」
素敵な髪飾りを添えて見せてくださった。

それだけで・・娘はとても綺麗だった。
taeさんに着付けていただいたらどんなにか・・と、期待とシアワセが膨らむ。

機が熟して・・『今』・・なのだ・・
そんな気がしてならない。

さまざまな感謝!!に・・胸がいっぱい・・。
娘の写真を母に贈ろう。
[PR]
by nonisaku-hana | 2010-01-18 23:50 | 出会い

好天と仰天!!

*久し振りの青空
a0125343_1515597.jpg

*デカッ!!・・と感謝!
a0125343_158737.jpg

[PR]
by nonisaku-hana | 2010-01-16 23:57 | happy little things

焚き火小屋の・・シアワセ

今日、所用でベロニカさんを「焚き火小屋」に訪ねた。

こんな時に焚き火でお餅を焼かせてもらわない手はない!
残り少なくなった故郷のお餅を持参した。

焚き火の達人・ベロニカさんが、とてもいい熾き火で丁寧に焙ってくださった。
これだ!これっ!・・美味しい!!


*い~い色に焼けて・・膨らんで・・香ばしい・・ 携帯までアチチ・・
a0125343_21311455.jpg

実は、もうひとつ・・わたしの中で「アワヨクバ・・」と思っていたことがある。

昨夜、管理人さんのブログ→「焚き火小屋の備忘録『能登のお餅と二重作 桜さんの汁椀と…』」を、嬉しく羨ましく拝見したばかりだったからだ。

ベロニカさんとふたり、ここぞ!と所望したが、
「鰹も、鵜鷺の塩も、もうなくなったからダメ。」とあえなく却下。
判ります。振る舞うなら、最高の味で・・ですよね。
でも、でも・・引き下がらない食いしん坊がふたり。


More とうとう・・
[PR]
by nonisaku-hana | 2010-01-11 23:46 | happy little things

シアワセなお正月

*色鮮やかな梔子の実(友人宅の庭)
a0125343_062427.jpg

*散歩の思い出に・・種を弾いたあとの形がお花のよう。

a0125343_033956.jpg


a0125343_1403564.jpg写真を撮りながら歩くので・・
どんどん遅れるわたし。(夫は左)

帰り道は、とうとう一人になり・・
これ幸いとゆっくりと冬の草花や風景を眺めながら歩いた。

木に絡んでいた蔓を輪にして、赤い実のなる枝に掛けたりして遊んだ。
一人でも・・素敵な相棒ができてとてもハッピーなお散歩になった。

それはそれは楽しく新年を迎え
たらふく!ご馳走になり・・お土産までたくさんもらって・・帰ってきました。

ほんとうに有難くシアワセなお正月、
友人夫妻にはただただ感謝!!のほかありません。

Mちゃん・Tさん・・いつもありがとう!!
[PR]
by nonisaku-hana | 2010-01-02 23:49 | friends

年越し 2009

年に一度だけ赤貝を煮る・・大晦日 わたしの唯一のお正月準備
a0125343_21231916.jpg

年越し、お正月を友人宅で過ごすため家族揃って浜田に(赤貝持参で)やって来た。
a0125343_2114530.jpg


a0125343_2117204.jpg年越しそば準備中、すでにビールが・・

仕事がらみでブログを初めて・・

今年はたくさんの出会いに恵まれて
とても良い年だった。

素敵なご縁に心より感謝です。

皆さまも、楽しいお正月を!

[PR]
by nonisaku-hana | 2009-12-31 21:49 | 出会い

お雑煮

お父さ~ん、ありがとう!!(几帳面な父は、いつもピッチリと箱詰めしてくれる。)
a0125343_2512244.jpg

仕事納めの今日、スーパーで70代と思しき男性に声を掛けられた。
時折お見かけする・・いつも一人で買い物をしておられる方だった。

「そばつゆは売れてるけど、雑煮用のお汁はないですかね・・。」
一緒にお醤油や麺ツユ・出汁ツユのコーナーに行き、しばらく物色した。

当然、どの商品のラベルにも雑煮用とは書いてない。
「雑煮用は、ないんですね・・。」とお困りの様子。

「これを試してみられませんか?少しづつ入れて味見しながら作れば大丈夫ですよ。」
と便利な出汁ツユをおすすめした。(手抜き主婦でごめんなさい。)
「ご親切にどうもありがとうございます。男所帯だもんで・・。」


声を掛けてくださったのも、ご縁。
もっと判り易く説明できればよかったのに・・と気にかかる。

初めてのお雑煮・・どうか美味しくできますように!
[PR]
by nonisaku-hana | 2009-12-29 23:57 | 出会い
line

花鳥風月を友とし、ささやかな幸せを喜び感謝するわたしの大切な日々。


by nonisaku-hana
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite